熊小屋

どこかにいく

折込みパイ生地でアップルパイ

パイ仕込むには良い季節になった。折込みパイを家庭で作るには温度管理が大変なんだけど、その点北海道だと暖房止めればそう簡単にバターも融けない室温だから楽っちゃ楽。時間かかるけど。

そんなんでアップルパイを作りました。生地を仕込んでから焼くまで5時間かかるけど作業自体は単純。生地をまとめてバターを包んだら伸ばして寝かしての繰り返し。

f:id:kumadedo:20181209220442j:plain

f:id:kumadedo:20181209220523j:plain

f:id:kumadedo:20181209220538j:plain

それで成形して焼いたのがこちらです。まいどの雑な加工です。形作ってる間は写真撮れる余裕がなかった。皿は使わず縁を止めて枠をつけるようにした。焼く前よりも1.5倍には膨れたんじゃなかろうか。

f:id:kumadedo:20181209220554j:plain

折込みパイの層の立ち上がりは速成タイプに比べてやっぱり高い。

f:id:kumadedo:20181209220745j:plain

それでどうしても出る余り生地をまとめて伸ばして2回ほど折っておまけパイを作ってみたら、けっこう綺麗に層も出て良い感じに焼けた。

f:id:kumadedo:20181209221051j:plain

これは折込みパイだからまとめて層がくずれてもそれほどぐちゃっとしないからだろうと思う。それで夕食後のデザートにこれを細めに切って赤ワインのつまみにしてたチーズを添えてみた。

f:id:kumadedo:20181209221231j:plain

アップルパイにチーズ添えはアメリカンパイタイプのやつにチェダーチーズとかが定番だけどこれはこれで美味しかったです。食べ過ぎて胃が重いのでパンシロンのお世話になったけど。