熊小屋

どこかにいく

Mac用縦書き対応ワープロで小説同人誌を入稿してみた

MacOSでは縦書き対応ワープロアプリがあることはあったんですが、段組や見開き状態で左右に割り振りしたページ番号など印刷物作成に対応したものは見当たらずエディターで執筆し、inDesignCSで文字を組んでいました。

ただそのinDesignCreative Cloudになり月額制へと移行し旧製品CSはサポートを打ち切りとなり現行のMacOSではCSで作成したファイルを開くにはCreative Cloudが必要となるように。イベント時に少し使いたい頻度では正直割高に感じていたところにegword Universal 2 のリリースニュースがありました。

 

www.monokakido.jp

 

リリース直後のキャンペーン期間だったこともあり使ってみると、段組や見開き、さらにレイアウトの細かい設定など欲しかった機能が一通りありこれなら入稿に使えるのではないかとさっそくPDFサンプルを作って印刷会社さんに問い合わせて見た所問題なく使えるとの回答を得て今はこちらで原稿作成して入稿しています。

 

注意

こちらのPDFで入稿できるかは各印刷会社さんによっても対応が違いますので事前に確認は必須です。また可能であってもなんらかの不具合が起きた場合は入稿した側の責任となります。

 

ざっとこんなことができるぞと例として小説同人誌でよくあるA5のレイアウトをやってみます。

 

まず原稿サイズ指定。A5背景なしなので仕上がりサイズのままで設定しますがもちろんカスタムサイズで断ち切りを足したものを登録しても構いません。

f:id:kumadedo:20181207213107p:plain

縦書き見開き段組指定。ノド小口の指定もこちらから。

f:id:kumadedo:20181207213129p:plain

ヘッダフッタの左右固有設定指定。

f:id:kumadedo:20181207213252p:plain

最初の行の一文字下げ指定。

f:id:kumadedo:20181207213329p:plain

これらの設定をしたサンプルはこんな感じ。

f:id:kumadedo:20181207213526j:plain

これでA5・二段組・見開きページ番号左右それぞれ寄せ・奇数ページにのみタイトル名・最初の行一文字下げができました。あとはPDFで書き出せば入稿ファイルが出来上がりです。縦中横やルビも打てるし欲しい機能はそろってるので完全にこちらに乗り換えています。