熊小屋

どこかにいく

噂の現場に行って来た、トーハク&新橋旅日記

刀剣乱舞の影響で、三日月宗近を展示しているトーハクこと国立博物館がどえらい盛況だとは聞いてたんですがせっかく東京出てきたんですから行って見るかと足を運びました。午後4時近くだったんですがこの日開館は6時まで。雨こそ降りませんがどんよりとして湿度の高い日でした。

ほんで刀剣展示はどこかいな、と探す必要も無かった。だって人だかりがすごかった。まあ某所の祭前日でしたからそりゃ人も来ますわよねえと、三日月さん見るだけなら並ばなくてもいいけど撮影するなら列に並びお一人さま一回こっきりの撮影でお願いしますとのこと。博物館展示で写真撮れるってのが国内としては凄いとは思うんだけど、限られた照明でガラス越し、しかも反射率が高い被写体だからオートフォーカスが効き辛い、ホワイトバランスの調節に敷物撮りもできねぇんですかいそりゃねぇぜダンナァみたいになったけど仕方ねぇんで過去の薄暗い場所撮影(主に飲み屋)の経験生かして撮ってみましたよ。

確かに細身の太刀ですわ。ただ一回だけの撮影なんで三日月の名の由来の打ちのけも撮れず、再度並ぶにしたって長蛇の列なんでこりゃ一周して時間を置いた方がいいんじゃないかと他の展示も回ってみました。 したらこれがなかなか興味深かったです。まず建物自体が昭和初期の作で和洋折衷の豪華な作りで、特に大階段が迫力。

んで手すりと段の感じがなんか見たことあんなと思ったら設計者が横浜ホテルニューグランドと同じ人で、確かにニューグランドの旧館の階段もこんな感じだったなと思い当たったり。 本で見たことあるやつの本物!がぼんぼこ出てくる展示は撮影禁止マークついていなければ撮影OKで、ほほーとパシャパシャやってたら本日のあっこれここにあったのか!がきた。 円山応挙のわんこ。

まるまるぽてぽてがちっちゃいのに手はぶっといんだよとかしっぽの先が尖ってるんだよとか日本画の歴史に影響どーのこーのすっとばして単にモフ強し。今で言うなら岩合光昭レベルのモフ極め感。ねこ歩きの岩合さんに対して円山応挙絶対犬派だな。 んで周りに人がいないのをいいことにかわええかわええとばかすかシャッター切ってたんですが、すでに5時近くになってましてそろそろ行ってみるかと刀剣展示まで戻ったらあれほど人が居たのが嘘の様にがらーんとなってまして、撮影回数制限も無くなってたのでじっくり撮らせていただきました。 三日月さんの三日月。

反射が強いので位置をずらして撮ってみたんですが、確かに三日月状に見えますね。 同じ展示室には他にも刀剣が展示されているんですが、長船光忠だから燭台切光忠の兄弟にあたる刀も展示されてまして。

あーこりゃまた派d、じゃなかった華麗な造りで。刃文がしゃらーんって浮き出てますよ。兄弟刀がどれだけ似るのかはわからないけど鑑定の決め手にもなるくらいの特徴ではあるからやっぱり基本のテイストがあるんだろうなぁ。そうか兄弟揃ってきらっきらなのかあそこ。 さらに之定名乗る前の兼定さん作の刀もあってこっちは歌仙さんのお兄さんにあたるのか。体格が立派とか言わない言ってない結果言ってる。

堀川さんちの刀もありました。銘が国広くんですな。あそこも兄弟多いんだよな。刀だからまんばちゃんと似たような背格好なのかしら。

そんなんで閉館時間ぎりぎりまでいて堪能しましたよトーハク。あと建物の裏手に庭が見えたんだけど池の向こうに茶室があったりして本丸の庭みたいだなと。

ミュージアムショップでお土産なんか買っちゃいまして、欲しかった蒔絵クッキー缶とトーハクくんバッグ。

さて夜は二日連続新橋で飲みです。

夕焼けを背景に。

一日目は一人でガード下で飲むという大人の階段昇るというより踏み外すことをしてきました。本店には入ったことがあるやきとん屋さんです。あれこれ頼むのも面倒だと串盛り合わせとビール。

鮮度がいい豚モツに辛めのタレが合います。鳥なら塩が好きだけど豚だとタレの方が好きかな。ここより美味しい豚ハツを食べたことが無い。 てりてりの画像をアップで。

二杯目はどうするかとメニュー見たら、例の謎のW表記がありました。

なにがWかというと焼酎の量がWなのね。じゃあレギュラーはそうでもないのかと思いきやレギュラーでも結構なアルコールのキックが来ます。そんなライムハイレギュラー。

もう一品頼もうかと、気になってた牛ハツ入りチリビーンズを頼んでみました。そしたらこれが美味くて、煮込みじゃない気分の時に頼む煮物つまみとしてはベストポジションかもしれない。

つい進んじゃって二杯で留めておくつもりがタカラ焼酎ハイボールを頼んじゃった(´・ω・`)ちゅ、チューハイよりは量が少なめだったんだからねっ。 そして二日目はいつも新橋飲みに付き合っていただいているSさんと待ち合わせし、以前入ったことのある居酒屋目指してたらその上のダイニングバーをお勧めされてんじゃ行ってみっかとまず新橋では入らないタイプの店で飲み。

マグロたたきの湯葉巻きとかまあオシャレ。 そしてオシャレつまみとして名前が挙がる筆頭、バーニャカウダも頼んでみたらうんバーニャカウダってこういうもんですよね、あの池袋の酒蔵居酒屋で出てきた野菜が主に大根のやつとは違いますねってものが出てきました。

いやあの池袋のあれも美味しかったけどね。大根てんこ盛りで浅漬けの沢庵まで乗っかっててバーニャじゃないマヨネーズまで添えられてたけどね。 ここはこれで切り上げて、次のお店を探しがてらニュー新橋ビルを散策してみました。そんでこのニュー新橋ビルが東京オリンピック開催時期をめどに解体されて再開発されるってニュースがありましたが、私の観測範囲でそれ聞いた人達の声が惜しいとの声ももちろんあったけど圧倒的についにバレたかの声が多かった。いや、都心も都心の場所でここが見逃されてたのは奇跡だよ。 そんであえてこんな表現使いますが、この期に及んでそのニュー新橋ビルで新店オープンがあるってどういうことなの。いや……永続的じゃなくてもう解体も決まったから出て行きますってテナントがあったとして、でも解体まで時間があるからその隙間を埋めるつもりで入居募集したりしたんですかね、とか話ながら歩いてみたんですよ。 そんで見つかったのがこの新店舗だったりするわけですよ。

重ねて言うけど、どういうことなの。 残念ながら休業日だったから入らなかったけど。 そして二軒目は、こちらも以前行ったことのある日本酒専門店へ。前よりまた種類が増えてた日本酒から純米を中心に飲んでみました。

つまみで頼んだ酒粕漬けクリームチーズが酒泥棒でした。

そんな美味しいお酒と美味しいつまみを堪能しながら話してたのが残念美人ただし男とか作中でシンジくんがエヴァに乗った日とされてる日に行った資源回収ボックスで無人受付機の画像がネルフの警告画面でしかなかったってなんでなんだよとかなにがなんだか。締めくくりはレトロな喫茶店でケーキとお紅茶などいただいてお喋りしてましたよ。

そんなわけで、振り幅がでかい二日間でした。いやー楽しかったです。雨も降らなかったし。

保存保存