熊小屋

どこかにいく

台風に向かいつつ色々見直してみた 東京旅日記

いつも荷物はキャリーバッグ(通称コロコロ)に入れてるんですが、今回一日ずれて家人の出張と重なったんですよ、さらに着いてすぐに向かう場所もあったんで荷物の待ち時間を節約したいと言うわけでリュックタイプのバッグで荷造したんです。

そのためいつもより持っていく物も少なくしたい&軽量化を図りましてお風呂セットの組み直しとか服の組み合わせとか工夫したらいつもの2/3ほどの荷物になりましてどんだけ無駄なもん持ち込んでたんだと。あれだわ荷物って持ち運び可能スペースがあるとその分増殖すんのよ。なんでそのスタイルで飛行機に全て持ち込み乗り込みました。

それでですね台風19号が近づいてまして、その影響か北風が強かったんですよ。なんで飛行機がかなり揺れたんですがその分追い風になりまして飛行機が5分ほど早く着いたんです。

しかし利用航空会社は毎度お馴染みエアドゥでしてあの横にすんげぇ長い羽田空港のターミナル端に着きそこから到着ロビーまで小走りで、動く歩道の上はさすがに走れないからその合間を小走りで抜けて荷物受け取りは無いからそのまま到着ロビーに出て京急の駅までこんどは本気で走りなんとか10分で間に合わせて京急のはずなのに京成の乗り入れ列車に乗り降りたのは都営浅草線と言うなんだかよくわからないワープをくぐりぬけて新橋に到着した次第であります。えーとだから羽田空港55番発着口付近から新橋まで約30分で着きましてこれは私の中ではタイムレコードです。 そんなんでSL前で無事待ち合わせを済ませ、広場脇の薬局でウコンドリンクを一発決めて(不穏な表現)その夜のディナーは馬肉専門店でした。

んでマシンガン肉画像を貼ってみた。美味かったんですよ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・馬肉は癖があると思われてる方もいらっしゃいますが全く癖は無くて脂は乗ってる所はしっかり乗ってるけどその脂が優しいからまるでもたれない。普通↑これだけ肉食べればさすがに( ;´<`)=3 ゲップになるけどまったくその気配すら無い。食べた食べた飲んだ、それでもそんなにお値段行かないのが新橋マジック。けど酒は濃かったです。

そうその酒が濃かったのもあったのか、その後ホテルにチェックインしてシャワー浴びてそうそうに寝たんですがちょっとウトウトすると寝汗びっしょりかいて起きる、を繰り返して殆ど眠れませんで…10月だからって冷房いれるのもなーと空調は控えめにしたのが裏目に出たみたいです(´・ω・`)考えてみればニュースでデング熱を媒介する蚊がまた見つかったとか言ってるわけで蚊が出るような気温なんですよね。もう東京は亜熱帯ぐらいに考えた方がいいのかもしんない。

で、心配してたのが台風だったんですが翌日も雨の気配など感じられない陽気で青空ではなかったけど穏やかでした。しかし寝不足ちゅうか殆ど寝てない状態でかなり厳しかった(ヽ´ω`)途中気絶しかけたしな。紅茶とコーヒーで眠気を散らさねばとややオーバードーズ気味で、夜向かったのは再び新橋であります。どんだけ新橋に依存してんだ。えーそして昨晩とは打って変わって大衆居酒屋に向かったのです。とは言え今年3月にオープンしたピカピカのお店、なんですが内装が完璧の昭和の居酒屋なもんですからものすんごいベテランの顔したルーキーで大学から社会人経験した新人なんだけど即戦力で中継ぎまかされる投手みたいなタイプでしたよ。 んで色々いただきましてね。まずお通しのレバー佃煮にビール。

あると頼んでしまうつまみ私の中では第一位なめろう

僅差で二位のモツ煮込み。牛モツで赤味噌風味のこってりタイプで酒が進む事請け合い。

牛タン焼き。柔らかいヽ(´ρ`)ノ

そして。 最初のオーダーの時にですね本日のお勧めですとタライに盛られた魚を見せられたんですが、そこから選んだノドグロ。塩焼きで。

いやもう美味いのよこれが( ̄¬ ̄) ジュルそりゃノドグロノドグロ騒がれるのがわかるわって味で脂乗ってるんだけどその脂がさらっと溶ける感じで、だがコクがある白身でたまらんのです。んでノドグロだからお高いかと思ったら2,500円だったのよ。だったら分けりゃそれほどでもないだろと思い切って頼んだらこれが正解で、もうこれだけで酒があっという間に進んだから。

んでうめぇやべぇと言いながら色々話も弾みまして、ご一緒したSさんとは映画の話もするんですがそこでお勧めしたのがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとエクスペンダブルズ3という乱暴な事この上ないラインナップでありました。そんでエクスペンダブルズ3は日本語吹き替えが上映予定無しなんですがその原因はやはりドルフ・ラングレンアントニオ・バンデラスのO塚A夫キャスティング被り問題が解決できなかったのではとの結論に達しました。

いや特にバンちゃんの方は決して大塚さんが固定でやってるわけじゃないんだけどマスク・オブ・ゾロとか印象深い役で配役されててそんでそこからインスパイアされたアンパンマンのナガネギマンの声が大塚さんになってるとかの流れもあって他の人にするのは難しかったのかなぁとか。またナガネギマンの声がすんげぇダンディ系イケボでブラックジャック先生の時だってそこまではしなかったじゃん!と突っ込むレベルのイケボで。

そんなこんなで大満足で店を後にして、新橋の街を散策しまして相変わらずの突っ込みどころ満載でして、こことかな。

なんで新橋の立ち食い蕎麦にパリの地名がと思ったら、ポンヌッフ=新しい橋 ってとこから来てるらしいです。いや新橋には引っ掛かってるかもしれないけど立ち食い蕎麦の方にはまるで関係ないだろ。あとは風俗店の看板であれやこれやあったけどここに掲載するのも憚れるネタですので割愛します。あと今はすっかり有名になった俺の○○シリーズ店の上がでかいキャバクラだったとか。 一方こんな趣のある建物もありましてね。建築資材の事務所らしいんですが昭和初期の建物じゃないかな。

ご一緒したSさんとカフェに寄ってお喋りしまして、色々考えてた事を互いに語ったりしてすっかりリラックスして、いい気分でホテルに戻り前日の反省もあって冷房をきっちり効かせてさらに製氷機から氷山盛りでもらってきて冷たい水飲んで体温下げてベッドに入ったら熟睡できましたよ。 で、翌日から台風の影響がじわじわ迫って来まして、午後の飛行機だったんだけど朝のニュースに寄れば羽田空港のカウンターが大混雑とかで、これは少し早めに向かった方がいいんでは、と予定を早めて行ってみればスカスカだった(´・ω・`)そんなんで帰りは急ぐ必要はないので荷物を預け、しかし4時間近く暇潰さんといかんわけです。そんで今まで行った事の無かった国際線ターミナルにでも行って見るかとシャトルバスで向かいました。

近代的なビルの中に江戸情緒も垣間見せるモダンな建築、つーかどっかで見たなと思ったらあれだ銀魂の吉原だコレ。フレーム剥き出しの中に唐突な江戸っぽさにしてるからあのドック残骸の中の吉原みたいなんですわ。 そんな中にあれどっかで見たお店が。

いとーやさんじゃありませんか。あそーか海外へのお土産はポストカードが定番ですもんねぇどれどれと覗いてみたら一番目立つところにあったのがPilotカクノでして。どっさり山積みしてその横には同じくPilotの色彩雫が置いてありました。そういやぁ最近どうも海外の文具マニアがiroshizuku買っちゃったーとかブログ記事上げてたがここも一因か、とその英語表記見ながら半目になってました。

んで帰りの飛行機は台風の影響でこんどは南風が強くて結局15分早く着きましてね、雨には当たらなかったし妙な所で運が強かったなーと思った次第であります。そんな移動の最中にも今後の事など色々考えてまして、それほどのんびりする事無くまとめといた方がいいのかな。

保存保存