熊小屋

どこかにいく

名代富士そばで朝食を 東京旅日記

旅行前なんですがちょっと体調崩してたんですよ。雪がなかなか融けないくらいの気温に混じって夏日になったりもうメチャクチャな天候で、案の定喉と鼻に来ましてズルゲホしてました。

こうなるといつもよりも遅めの飛行機がありがたい…と思ったらゴールデンウィーク後半スタートで道路が渋滞とのことで空港バスも遅れるじゃねーのと予定してたよりかなり早めのバスに乗ったら乗車前に運転手さんにかなり遅れるかもしれないから急ぐ人はJRにしてねとまさかの事前説明。だけどそのJRがJR北海道なんで(;´Д`)まあ腹くくってバスに乗ったんですが、結局7分遅れで着きました。えーと、そりゃバス会社からすりゃ7分でも充分な遅れなんだろうけどそれ言ったら雪期間の路線バスなんか20分遅れるんだが。あれ恵庭あたりでワープしたなたぶん。 そんなわけで遅れは充分吸収できたので温泉前で持ち込んだサンドイッチの昼食。

ちなみに空港ビル4階にあるんですが広場挟んだ向かいはアニメイト新千歳空港店です。和風の茶店風小上がりが設えてあってそこで食べたんですが前の小上がりに風呂上がりらしい兄ちゃんが爆睡しててあれ飛行機間に合ったんだろうか。 新千歳空港ですが前からカニだのとうもろこしだのケーキだの売っててデパ地下から飛行機に乗れるとか言ってたんですが改装後はさらにエスカレートして完全にレジャー施設になってます。特に道内主要甘味店が並んでるエリアは試食ガンガン出しててここだけで500kcalくらいはまかなえるんじゃなかろうか。そんな中、三方六の原木(丸のまんまのバウムクーヘン。マジでちょっとした切り株)を削って試食出してたのを食べてみた。その奥のクラフトショップ脇には休憩所もあって室蘭名物ボルタがずらっと並んでる。

さて今回もエアドゥ利用ですが、なんか直前になって搭乗口が変わったらしくそちらに移動したら機長以下スタッフの皆さんも移動して来たらしく客が座ってるベンチの後ろで打ち合わせしてた。 ここでエアドゥ裏技をご紹介しますと、エアドゥはANAと共同運行してるんでANA側に合わせたビジネスシートを設置してる機材があるんですよ。だけどその機材の便をエアドゥ側から予約するとそのビジネスシートをエアドゥ料金で利用できたりするんです。 んで今回そのなんちゃってビジネスシートがとれた(´∀`*)ウフフ

 

ちびの身としてはフットレストが着いてるのがありがたい。 気流乱れ気味で若干揺れた。今回持ち込んだ文房具は家人の出張お土産カキモリノートと万年筆二本カクノ(インク:色彩雫朝顔)・プレラ(インク:純正ブルーブラック)心配してた気圧の変化によるインク漏れは無し。機内でのフローも安定している。

エアドゥの機内誌では就航都市近辺の紹介もするんだけど今回は仙台空港ネタか白石市が紹介されて片倉小十郎ゆかりの白石城とかはいいんだが足を伸ばしてこちらもどうぞってので蔵王キツネ村が紹介されててそれもう足伸ばすレベルの距離じゃねぇだろ。地図にも載せきれないから別枠地図になってたし。

と、水平飛行までは順調だったんだけど降下始めたら耳の調子が悪くなって。乾燥してるものあってか鼻づまりがきつくて耳への抜けが悪くなったのかかなり聞き辛くなる。しかも痛い。すぐそこで交わされてる会話がイヤホンから漏れる程度の音にしか聞こえない。仕方ないから鼻かんだら右耳はある程度復活したけど左耳はまるでダメ。結局着陸間際までそれが続いてかなり辛かったっす。

着いて荷物も出して、ちょうど宿泊地大井町までのバスに間に合ったので乗る。大井町ってのは便利な場所で空港アクセスが3系統(バス、京急-JR、モノレール-りんかい線)あんのね。だからどれか潰れてもバックアップが効くんですわ。ホテルに荷物置いてちょっと駅前を散策してみたらやたらとスーパーが集まってるところにさらに肉のハナマサまでできてたし。でも一部の野菜は成城石井の方が安いってのは意外だった。 さてこの日の夕食の場所は決めておりました。 名代富士そば、冷やし肉富士。

いや後付けみたいなテーマで【天下一品北海道上陸記念、まだ未上陸の麺類チェーン店にいってみる】みたいなので来てみたんですが、想像してたよりずっと美味いんで困った。いやそりゃそば専門店みたいなそばじゃないけどお腹に溜まる麺類提供としたら上等過ぎる。好みとしてはワカメがもうちょっと多かったらとも思ったけどトッピング追加メニューはあったかもしれない。んでここでかなりお腹いっぱいになっちゃったんでこっそり目論んでたすぐ近くのチェーンゆで太郎へのはしごは断念した。いやざるそばくらいなら食べられそうな気もしたけど美味しくは食べられないなと…そのかわりコンビニデザートでイチゴのデザートなど購入。

泊まったホテルには別経営のスーパー銭湯が入ってましてそこと提携して格安料金で入れるんです。なので外のお客さんとも共同なんですが、なんでか修行系のお客さんも多くて。

サウナ2種、炭酸風呂とかあるからなのかしら。炭酸風呂ってダイエットにいいとかもてはやされてた時あったけど家人曰く「だったらワシはとっくに痩せとる」だそうです。今回も浴槽の縁で減量中のボクサーみたいな風情の人がおってな。そんな中ジェットバスで足の裏に泡あてて明日に備えてたり。

そして今回は酒入ってないのでいつもは遠慮してるサウナにも入ったらスゲー熱いんだわ。温度計によると90度近いけどガス式熱風が直接当たるんでより熱く感じる。これも修行系の要素なのかしらと我慢してみたが素面でも5分は無理な苦労するサウナでした。

さて二日目ですが今回は文具店に行きたくて、夕食との兼ね合いもあり銀座へと向かいました。場所は本店改装中で仮店舗で営業してる伊東屋さん。手拭い展などやってましてまあお客さんが多いのなんの。仮店舗ってのもあってかそれほど広くはないんですがその分濃密な物欲空間です。 さらに、実はこちらが本番だったんですがk-Itoyaという高級筆記具と画材と地球儀のお店がありまして、ここでゴールデンウィーク中にお店のインクいっぱい試させてあげますわよ(´∀`*)ウフフという沼に突き落とされる感じのイベントがあると聞きやってきましたら二階の車買えそうな値段の万年筆がずらっと並んでるガラスケースに囲まれた中にどかんとデスクがあってお気軽にどうぞって言われてもお気軽にはいかんですよ(;´Д`)それでも持ち込んだカキモリノートに興味のあったインクで試し書きしてきました。 んで一階二階は高級万年筆が並んでるんですが三階はぐっとカジュアルな文具になってましてヨーロッパメーカーが出してるお手軽万年筆が試せたりするんですよ。さらに四階画材フロアでは珍しくカリグラフィー用の万年筆、パイロットのパラレルペンとロットリングのアートペンが試せました。そして色々試した結果、うんカクノとペン習字ペンでいいです(;´∀`)特にペン習字ペンはカーボンインク入れても詰まりも無く使えてるし。 夕食は昨日に続きこちらでは食べられないチェーン、喜多方ラーメン坂内。

ワンタン麺でもチャーシューはたっぷり乗ってるよ。

ここは以前本店にも行った事のあるラーメンで大好きなので大満足した(*´ω`*) さて足痛くてホテルに帰ると風呂で解そうと銭湯に向かったが、お客さんが倒れてた。アチャー…修行系が行き過ぎちゃったのかなぁ。脱衣所でバスタオルにくるまれて保冷剤で首と額を冷やされてましたが何事も行き過ぎは良くないと我が身振り返って反省したです。 露天風呂に浸かりながら、あのお高い万年筆売り場に展示してあったやつって頼めば試筆できたのかなーとも思ったけどでもそんな度胸も無いし、でもその度胸は身の程知らずで申し出る事に対してかローン組むハメになるかものかどっちだろとか考えてました。 帰って来て、ちょっと贅沢したデザート。

杏仁豆腐だから持ち込んだお茶のうちプーアル茶をいれてまったりしました。結局今回は旅行中一滴も酒入れなかったなー、と振り返りさらに飲まないと時間の流れがゆっくりしてるなとも気づきました。 そんでベッドに入ってぐっすり、とはならねーんですよ。 まずひどい寝汗かいちゃって。なんでか空調は効いてるんだけど妙に暑くて寝付けなくてやっとうとうとしたら汗かいて飛び起きて。なんでだなんでだと、んで気づいたんだけど館内着兼寝間着がけっこう分厚くて汗吸いそうにないポリエステル丸出しなやつでして。原因たぶんこれだとそれは脱いで寝た。 で。かたかたってしたなと思ったらゆさ、ゆさぐらいの揺れを感じて、あー揺れてるなー旅行中に地震に出くわすのは久しぶりだなーとかちょっとだけ寝て時計のアラームに起こされてテレビつけたらびっくり震度5弱。 ゚(∀) ゚ エッ? なにどーゆーこととニュースに食いついてたら交通に若干乱れありとかでこりゃいかんと慌ててミルクティーを流し込んで一本早い空港バスで羽田に行ったらまるで定刻通りだった(ヽ´ω`)まあ、無事着いたからいいけど。でもちょっと企んでた富士そばで朝そば食べるってのが露と消えたけど(´;ω;`)トホホ 最後にラーメンの帰り、JR駅まで歩いてる途中で見つけた郵便ワゴン車なんだけど。

いつのまに痛車になってんだよと思ったらこれ元はコミケの配送箱に描かれたキャラクターなんだってね。まさか街中で偶然目にするとは思わなんだ。

保存保存