熊小屋

どこかにいく

もう虫でいいです 秋の東京旅日記

台風が二つも来てまして週末直撃かとも言われてましたが、なんだかんだ土曜日の午後には関東の東に抜けて一度も傘使いませんでした。ただ羽田に向かう途中は台風の影響でかなり揺れたし着陸する時に滑走路びっしょびしょなのが見えてうわ怖ぇっ!って思った。案の定かなりのハードランディングでしたよ。ただ搭乗口に接続する頃にはもう日が差してたけど。

ほんでハードランディングなのは実は乗る前からでして、飛行機の基材到着が遅れました〜に加えて隣の飛行機が先に出るのにお客様がまだいらっしゃってません〜が重なってなんだかんだかなり遅れた。これまでで初めてのパターンだったわ隣の飛行機の出待ちですって。その隣が穴と桃だったんだけど客の拾いが丁寧なのからして穴の方だったんだろうか。桃は一時期ちょっとでも客が遅れれば有無を言わせず置いてったって聞くが今はどうか知らん。

それで予定が狂いまして羽田からのバスを一本逃し予定到着時間が相当遅れたんですよ。ホテル到着時間ちょっと過ぎたかもしれんうわいきなりキャンセルは無いとは思うけどなんか言われっかなーとドキドキしたけどまるでそんなことはなく、うわカウンターのお姉さん優しいなー、とロビーでホッとしたらそのロビーで明らかに年かさの偉い感じの人がせっせとサービスの新聞配っててなんだろこの必死のパッチ的なのは、と思い当たったんだが今回のホテル阪Q系だった。

うわそれかそれかもなあと確証はないんだけど。

んで時間に押されるまま荷物置いて身支度して飲み会の待ち合わせ場所に向かって見事に遅刻しました。すみませんもう私など虫でいいです。それももし王蟲がデカイそれだったらナウシカだって真っ先に薙ぎ払ってただろなカメムシでいいです。だから王蟲がダンゴムシだってのが上手いなあって思ってさぁ子供の頃はオモチャにしてたくらいなのに大人になると気持ち悪いってところが実に上手いってはいすみません虫です。

んで虫は今回はちょっと大人しくしてましていつもの新橋にも行きませんでした。ちょっとね疲れ気味で内蔵にそれが来ちゃってて。だからヘパリーゼで対策しつつホテルの同じ建物にあるスーパー銭湯で湯治してました。

んでここが炭酸風呂あるんで楽しみにしてたらなんか温度高めでぜんぜん炭酸の泡がつかないんだよね。あれ設定間違ってんのか、それともお客さんからぬるいって文句がいったのか。なんで漢方塩サウナで塩すり込みながら汗流したり、ただこの漢方が妙にカレーの匂いしたんだけど。

ただジャグジー系は本当によかったです。特にジェットバスのジェット噴流が当たる場所が絶妙で肩と腰と足の裏を同時にマッサージできるんで助かった。たまにこの作りがアバウトな風呂があってものすごく背の高い人じゃないとジェット当たんねぇよな設計のトコがあんだよな、あれなんなんだろ。