熊小屋

どこかにいく

私は新橋でなにをしているんだろう

東京来る度に新橋で飲んでそれを旅日記にアップして、ってのを繰り返してましたらすっかり「新橋の人」のイメージが出来上がったらしくただそれもアレよせいぜい某有名酔っぱらい番組で取り上げられた店に恐る恐る入ってみたりくらいだしまだビギナーなんですが、そもそも女性だけで新橋行くってのがレアだってことですかそうですか。

というわけで。 このたび新橋での宴会の幹事をつとめさせていただきましたが宴会参加者の中で一番遠い北海道からの予約電話を入れたりもう始まりから、もっと言えば予約する前段階で店探してる時から新橋+居酒屋で検索して数百件出るのに対し新橋+女子会で検索したら2件だったとかそこからだから。

そんなこんなでなんとか店も予約して、待ち合わせの前に新橋に着いたもんで久しぶりに新橋駅前の魔窟、ニュー新橋ビルへと潜入してみました。今まで散々クーロンズゲートだとかラクーン新橋支社とか言ってましたが相変わらずの変形三角形ビルのダンジョンっぷり、だがそれでも進化は止まらない。タッチパネル式案内板とかできてたよ。

でも中に入ってる店はまるで変わってません。土曜日ということもあり閑散としてましたがそれが余計に魔窟っぷりを引き立ててます。

やっぱりこっちの案内板がしっくりくるよなあ。んでこのフロア図を見ると三角形の中に階段またはエスカレーターが配置されてるんですが、この配置がフロアごとに微妙にずれてるんで登ったり降りたりするうちに感覚が狂ってくるんですわ。すごいとこになると内階段を降りてるつもりがいつの間にか外階段になってたりするんだ。

階段も怪しいムード。

外観も入り口の電灯がLEDになったそうです。それでも怪しさ相変わらず。

さてそんなこんなで待ち合わせして皆様お集まりになり案内しまして某チェーン店の個室特化店にお連れいたしました。いや新橋の中枢というか具体的に言えば3丁目あたりも考えたんだけどあの界隈女性だけ10人お連れする店が皆無でさ。10人入る店ならあるけど壁とか柱とか油でギットリしてたりするし。 雰囲気は昭和テイストと聞いてたんですがどっちかっていうと江戸っぽい店でした。

紅殻壁がムーディーですが万事屋っぽくもある。

めでたく乾杯の運びとなりました。おしゃべりするにはよかったと思います。特に毎回やられてる新橋特有のチューハイ濃度の高さが無かったのが。飲み放題メニューでさすがにそれやられると死ぬから。

保存保存